どんなものでも商標登録はできるの?

商標登録できないものってどんなもの?登録までの長い道のりを紹介します。 - どんなものでも商標登録はできるの?

どんなものでも商標登録はできるの?

商標登録はどのようなものにでもできるのでしょうか。これから商標登録をしようと検討している人は、できるもの、できないものがあることを知ったほうがいいでしょう。ここでは商標登録できるもの、できないものについて見ていきたいと思います。

登録できないもの

商標は既に特許庁にて登録がある商標といっしょのもの、似ているものについては登録不可となっています。それ以外でも自社、他社の商品、サービスを見分けることができないような商標や公共に既にある標章特別がつきにくいものに関しては、登録することができません。また公の秩序、最善の風俗を害するような恐れがある商標についても登録はされないことになっています。

指定する商品やサービスといっしょの名前

例えば同じ名前については難しいでしょう。商品が時計で商標が時計という場合にはこれは登録できません。サービスが美容で商標が美容というケースも同様に同じ名前ですからできません。略称についても商品がパーソナルコンピューターで商標がパソコンであったり、サービスが損害保険の引受である場合に、商標が損保だった場合にはこれも指定する商品やサービスと同じ名前が商標になってしまうことになりますので登録することができません。

指定する商品、サービスの名前が一般的な場合

例えばですが清酒で政宗だったり、カステラがオランダ船の図形であったり、宿泊施設の提供が観光ホテルであったりする場合にも登録することができません。指定するサービスの内容が分かってしまうような名前の場合にもいけません。商品の産地であったり効能や品質、提供する場所が書かれている場合には登録できないのです。納豆で商標がおおさか納豆であったり、調味料で焼肉の味としている場合には、商標そのものが調味料の品質を書いていることになりますので注意が必要です。

ありふれているものに株式会社をつけただけとか

他にもありふれている普通の苗字に株式会社をつけたり、商会という文字をつけただけの場合、研究会とつけただけの場合にも登録をすることができません。また簡単すぎるような文字や図形も登録することができません。例外としてこれらの文字でもデザイン化されていてロゴのようになってほかと区別がつくほど凝ったデザインになっている場合には、登録されることもあります。

登録までには長い道のり

ここまで紹介してきたものは氷山の一角に過ぎません。商標登録をされるためには1年程度時間が掛かり、その中では審査が色々と行われて徹底的に調査されています。不登録自由もこれ以外にもたくさんあり納得いかないようなこともあるようです。特許事務所などに依頼して、事前に、その商標が得られるのかどうかは調べておいたほうが不安や疑問もないでしょうし、登録できる可能性もかなりあがりますので、時間の無駄、お金の無駄をすることがないでしょう。登録できるかどうかわからない商標をそのまま特許庁に申請して何年も待って登録できなかったということにならないためにも、事前に特許事務所でチェックしておいたほうがいいのです。

事前調査も重要

rerg事前に似ている商標がないかどうか、既に登録されていないかどうかなどは調査しておいたほうがいいでしょう。それらの調査も含めて、特許事務所が代行してお金を支払えばやってくれることもありますので、もし事務所を利用するなら調べた貰った方が確実と言えるでしょう。
商標登録はどのようなものでも登録されるわけではないので、事前調査が重要となりますので、事前に調べておいたほうがいいでしょう。

Copyright(C)2016 どんなものでも商標登録はできるの? All Rights Reserved.